お知らせ

2019年10月25日 (金)

【ダイビングって泳げなくても大丈夫?】

メイン画像

 

ダイビングを始めたくても泳ぎに自信がない、泳げなくてもできるのかな?

と不安に思っている方も多いと思います。

実はダイビング、泳ぎの得意不得意は関係ありません!!

実際ダイビングをたくさんしていても全く泳げないという人も多いです。

泳ぎに不安があってもダイビングはしてみたい方必見です!

 

【ダイビングは泳がない⁉】

ダイビングはたくさん泳ぐ!とイメージされている方も多いと思います。

ですが、泳いでいる時間より漂っている時間のほうが多いです。

といっても、なかなかイメージしにくいかと思います。

具体的なお話をしていきます。

ダイビングでは器材を使用し、器材を操作していき水中で無重力の状態を作ります。

普段みんあが泳ぐときと同じように泳ぐのは移動する時だけです。

ずっと泳ぎ続けるわけではありません。

又、ダイビングの際に着用するスーツには気泡が含まれており、浮力がある為沈みません。

 

体験ダイビング

 

 

【水中でも自由に呼吸ができる!】

ダイビングでは、「レギュレーター」という呼吸器と空気が入ったタンク(シリンダー)を使用して潜っていきます。

その為、スノーケルや素潜りのように息継ぎのタイミングを気にしたり、

大きい波をかぶってしまった際、水に入り込んできてしまうなどの心配はいりません。

 

海で泳ぐウミガメ

 

【ダイビングをするときはゆっくり動く!】

ダイビングは実は80歳までできる遊びと言われています。

スキーやスノーボードのような遊びに比べて体力を使いにくいと言われています。

実は車いすで生活している方でもできるといわれています。

水中に入ったらできるだけ長く潜っていたいですよね?

水中空間にいられる時間は空気の残圧量により大きく変わります。

空気の残量を長持ちさせるためには『ゆっくり動く』ことが必要です。

その為、バタ足はあまりせず、エックスを描くように足を動かし泳ぎます。

 

 

【練習があるので安心!!】

ライセンス取得コースでは海に行く前にプールで練習する講習があります。

そこでしっかりインストラクターがしっかり教えてくれます。

例えば、「水中でマスクの中に水が入ってきたらどうするのか」や

「水中でも苦しくないようにできる呼吸の仕方」などいちから教えていきます。

泳ぎに自信がないという方でももちろん大丈夫です。